猫飼い初心者のドイツ語研究

英語はおろか日本語すら不自由なワタシですが、海外旅行だけはアホみたいに行っていたのでいろんな国のメニューはまあまあ読めます。
好きな食材の単語をいくつか覚えていれば何となく食べたいものに辿り着けますからね。食いしん坊の根性ってスゴい。

現在ブリ男の食べ物はほぼすべて輸入品です。

イタリア旅行に行きまくった成果が猫のゴハンで発揮されるとは思いませんでした。
日本語のシールを見なくても、イタリア語で「これは何の缶詰だな」と大体わかるのでラクです(細かい文字を読むのがツラくなってくるお年頃なのでね…)。

ということで英語圏とイタリアのフードは全然問題ないのですが、困ったのがドイツです。

続きを読む →

【アニモンダ】ラフィーネ チャンクwithソース アダルト 子牛肉・グレイビーソース

原材料
肉類(子牛肉),シリアル(小麦),ミネラル,ビタミンD3,亜鉛

 

成分
粗蛋白質 8.0 %以上
粗脂肪 5.0 %以上
粗繊維 0.3 %以下
粗灰分 2.0 %以下
水分 81.0 %以下

 

代謝カロリー
89kcal/100g

 

ラフィーネスープシリーズは名称が「ラフィーネチャンク」になるんですってね。
その方が実態に合っているかもしれませんね。スープというよりソースだよね~ってカンジですものね。

ブリ男はチャンクが特に好きだというわけではないのですが、嫌いでもないので食べさせています。
どんな形状でもよく食べてくれるに越したことはないので、食育のつもり。

続きを読む →

【アニモンダ】フォムファインステン アダルト 豚肉と七面鳥とうさぎ


 

原材料
豚肉,七面鳥,ウサギ,煮汁,ビタミンD3,銅,亜鉛,マンガン,ヨウ素

 

成分
粗蛋白質 11.0 %以上
粗脂肪 5.0 %以上
粗繊維 0.3 %以下
粗灰分 1.6 %以下
水分 81.0 %以下

 

代謝カロリー
88kcal/100g

 

初めてコレを見たとき「そうか、ウサギ食べるんだ。そうだよね、猫だもんね…」と自分が飼っているのが肉食獣だということを改めて思い知りました。

ブリ男がキュートな野ウサギをふんづかまえ、白い毛を鮮血に染めながらウサギの肉を引き裂く…。
うーん、ウチの箱入り息子には無理だ。カメムシもじっと見ているだけだったもの。

続きを読む →

【アニモンダ】フォムファインステン アダルト 牛肉と鶏肉と豚肉と七面鳥

 

原材料
鶏肉,牛肉,豚肉,七面鳥,煮汁,ビタミンD3,銅,亜鉛,マンガン,ヨウ素

 

成分
粗蛋白質 11.0 %以上
粗脂肪 5.0 %以上
粗繊維 0.3 %以下
粗灰分 1.6 %以下
水分 81.0 %以下

 

代謝カロリー
88kcal/100g

 

鶏や七面鳥のフードはよく見るけど、牛や豚って猫は食べるんかいな。

と、牛肉と鶏肉と豚肉と七面鳥はしばらく敬遠していたのですが、ブリ男が何でも食らう男だと気づいてから「コレも食べるだろ。食べなきゃフードの選択肢が狭まって選ぶのがラクになると思えばいい」と与えてみました。

続きを読む →

【アニモンダ】フォムファインステン アダルト 牛肉と鶏レバーと豚肉


 

原材料
牛肉,鶏レバー,豚肉,鳥肉,煮汁,ビタミンD3,銅,亜鉛,マンガン,ヨウ素

 

成分
粗蛋白質 11.0 %以上%
粗脂肪 5.0 %以上
粗繊維 0.3 %以下
粗灰分 1.6 %以下
水分 81.0 %以下

 

代謝カロリー
88kcal/100g

 

ブリ男のフォムファインステンデビューはキトンでした。
確か、鶏肉と豚肉と牛肉と子羊肉。いろんな肉が入ってりゃそれぞれの個性が薄まって何となく食べるだろ的なチョイス。

いい食べっぷりだったので「1歳になるまではたまにキトンをあげるのもいいかもね」と思っていました。
あの頃はブリ男の食が細かったから、なるべくカロリーの高いモノを選んでいたんですよ…。隔世の感…。
参考:猫の去勢後、食欲が大爆発するというのはマジでした。

最近は何でもよく食べるので、多少癖が強くても食べるだろ的なチョイスです。
というわけで、牛肉と鶏レバーと豚肉。

続きを読む →