【アルモネイチャー】まぐろと舌平目ジェリー


 

原材料
魚スープ52%、まぐろ40%、舌平目5.5%、ジェリー、米1%

 

成分
蛋白質 13%
脂質 0.3%
粗繊維 1%
灰分 1%
水分 83%

 

代謝カロリー
48kcal/100グラム

 

舌平目なんて豪華ね!
と思ってしまう昭和世代です。

ま、原材料の通り舌平目はちょびっと入ってるだけなので、開封したときの香りは普通のツナ缶です。

続きを読む →

【ニュートロ】デイリーディッシュ チキン


 

原材料
チキン、肉類エキス、フィッシュオイル、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、増粘安定剤(グァーガム)

 

成分
蛋白質 12%以上
脂質 5%以上
粗繊維 1%以下
灰分 4%以下
水分 78%以下

 

代謝カロリー
38kcal/1トレイ

 

ブリ男にウェットフードを与えようと考え始めたとき、ペット用品店で見て「これは使いやすいな」と印象深かった商品です。
1食分ずつ小分けになっているのはいいですね。

続きを読む →

【ロイヤルカナン】FHNウェット キトン グレービー


 

原材料
肉類(鶏、豚)、小麦グルテン、ポークプロテイン、米粉、コーンスターチ、セルロース、ひまわり油、魚油、調味料(アミノ酸等)、酵母抽出物(マンナンオリゴ糖源)、糖類、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、β-カロテン、アミノ酸類(グリシン、タウリン、メチオニン、L-カルニチン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ミネラル類(Ca、P、K、Na、Mg、Zn、Cl、Fe、Cu、I、Mn、キレートミネラル(Zn、Cu、Mn))、ビタミン類(コリン、D3、E、C、B1、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B6、葉酸、ビオチン、B12)

 

成分
蛋白質 10.0%以上
脂質 2.0%以上
粗繊維 1.9%以下
灰分 2.0%以下
水分 81.0%以下

 

代謝カロリー
95kcal/100グラム

 

ブリ男が去勢手術後に食べたフードです。
1日絶食して、しかも全身麻酔までさせられて、さぞやクタクタになっているに違いない。
食べやすくて美味しくて栄養たっぷりのモノをあげたい。そう考えて選びました。

続きを読む →

【アニモンダ】ラフィーネスープ 七面鳥・子牛肉・チーズ


 

原材料
肉類(鶏肉・子牛肉)、乳製品(チーズ)、シリアル(小麦)、ビタミンD3、亜鉛

 

成分
粗蛋白質 8%
粗脂肪 5%
粗繊維 0.3%
粗灰分 2%
水分 81%

 

代謝カロリー
89kcal/100グラム

 

アニモンダは元々肉屋なので肉系のウェットフードが充実しています。
元々鰹節屋のいなばはツナ缶が得意、みたいなものでしょうか。

ブリ男のドライフードは基本的には肉にしているので、ウェットフードは魚を取り入れるようにしています。
それでも魚ばっかりじゃ偏るよねーということで、肉も食べさせています。そんなときはアニモンダが便利。

続きを読む →

【オリジン】キャット&キティ


 

原材料
新鮮骨なし鶏肉(20%)、乾燥鶏肉(15%)、新鮮鶏レバー(4%)、新鮮丸ごとニシン(4%)、新鮮骨なし七面鳥肉(4%)、乾燥七面鳥肉(4%)、新鮮七面鳥レバー(3%)、新鮮全卵(3%)、新鮮骨なしウォールアイ(3%)、新鮮丸ごとサーモン(3%)、新鮮鶏ハツ(3%)、鶏軟骨(3%)、乾燥ニシン(3%)、乾燥サーモン(3%)、鶏レバー油(3%)、鶏肉脂肪(2%)、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉

 

成分
蛋白質 42.0%以上
脂質 20.0%以上
繊維 3.0%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 1.4%以上
リン 1.1%以上
オメガ6 3.5%以下
オメガ3 1.2%以下
タウリン 0.25%以上
マグネシウム 0.09%以上

 

代謝カロリー
406kcal/100グラム

 

高タンパクフードは一度試食でお腹を壊して撃沈しましたが、オリジンのようなタンパク質たっぷりカリカリを若い頃に与えなくてどうする! という気持ちがありました。

ということで数グラムずつ食べさせて様子を見たところ、6カ月齢のブリ男の胃腸には問題ない模様。
下痢などの異常はなく、引き締まったツヤツヤウンチを出しました。
(その後血便を出してロイヤルカナンと混ぜるようになり、強制的にふわふわウンチにさせていますが…。;猫の血便! 原因と対症方法とは

続きを読む →